ブログトップ

とちぎ園芸 スタッフブログ

tochien.exblog.jp

クリスマスローズ

c0082054_2024841.jpg
イギリスではクリスマスの時期に楽しめる花ということでその時期に咲くNiger(ノイガー・ニガー)のことをクリスマスローズ゙というそうです。落葉樹の落ち葉のベッドの中から神秘的に気高くそして可憐に咲くクリスマスローズ。決して派手な色合いではなく地味でありながらも気持ちを引きつける美しさがあります。そんな姿がファンの心を捉えているのでしょう。
花言葉「追憶」
[PR]
# by tochien | 2007-01-04 20:25

水仙

c0082054_20164478.jpg

[PR]
# by tochien | 2007-01-04 20:22

万両・千両・百両(カラタチバナ)・十両(ヤブコウジ)

縁起を担いで、お正月の生け花などでは、センリョウとマンリョウ、これにアリドオシを加えて、「千両、万両、有り通し」と語呂合わせをしたり、庭園では、モッコクの根元にセンリョウとマンリョウを植えて、「千両、万両持ち込む」と言ったりもするそうです。
センリョウはセンリョウ科ですが、ヤブコウジ(十両)カラタチバナ(百両)マンリョウはヤブコウジ科となっています、センリョウ科とヤブコウジ科の相違点はセンリョウ科は、茎頂に実を付けますが、ヤブコウジ科は葉の下に実を下に付けるところです。
c0082054_1822312.jpg
c0082054_1824247.jpg
c0082054_183441.jpg
c0082054_1832017.jpg

[PR]
# by tochien | 2006-12-09 18:05

シクラメン

c0082054_7395976.jpg
とちぎ園芸ブランドのシクラメンが登場しました!
葉と花びらがフリンジングしています。
ふりふりした花びらはまるで天使のスカートのよう♪
暮れのご贈答品にもご利用ください。
お花好きのあの方ならきっと喜ばれることと思います。
[PR]
# by tochien | 2006-11-30 07:50

クリスマス

店内はクリスマスムードいっぱいです。
この時期ならではのオーナメントで観葉植物の緑を飾ってみてはいかがですか?
c0082054_21274779.jpg

[PR]
# by tochien | 2006-11-27 21:30

シンビジュウム

c0082054_20174267.jpg

新品種「マジョリカ」です。
紅茶色というかカラメル色というか花の色では珍しい色合いです。
シックで大人の雰囲気が人気です。数少ないのでお早めにお求めください。
[PR]
# by tochien | 2006-11-26 20:21

ドルチェ・ローザ

c0082054_23242373.jpg
ポインセチア(E. pulcherrima)と他種との種間交雑によって作出された園芸品種です。「ドルチェ」とはイタリア語で「甘い」、「ローザ」とは「バラ」を意味しています。うなずける名前ですね。花びらは天使の衣装のよう。天から窓辺に舞い降りて何かをささやいているようです。これからの寒い時期にピンクの軽やかな色合いはきっと心も温かくしてくれることでしょう。開花時の温度が高いとピンク色が濃く、温度が低いとやや薄い色になります。上手に管理をして長い間お楽しみください。
[PR]
# by tochien | 2006-11-23 23:25

葉ボタンの寄せ植え

葉ボタンとパンジーとアリッサムの寄せ植えいろいろです。
長い期間楽しめます。
c0082054_22242480.jpgc0082054_22243562.jpg

c0082054_22245366.jpgc0082054_2225469.jpg

c0082054_2227798.jpgc0082054_2236795.jpg

c0082054_22363631.jpgc0082054_2236499.jpg
[PR]
# by tochien | 2006-11-21 22:30

パンジー

c0082054_20401131.jpg

パンジーは「ビオラ・トリコロール」という野生種が改良されたもので、品種改良の歴史は200年近く前と言われています。

「パンジー」とはフランス語の「パンセ(考える)」という意味で、つぼみが下を向く形が人が頭を垂れ物思う姿に似ているところから命名されたという説があります。

和名は三色菫(サンシキスミレ)古くには人面草(ジンメンソウ)、遊蝶花(ユウチョウカ)などと呼ばれていたそうです。
そう言えば人の姿のように見えますね。

以前は春に咲く花でしたが、品種改良が重ねられ今では秋から冬を通して春まで、3シーズン楽しめる花となりました。

花言葉は「物思い」「思慮深い」です。
[PR]
# by tochien | 2006-11-15 20:41

寄せ植え教室

c0082054_8372571.jpg
c0082054_838191.jpg

[PR]
# by tochien | 2006-11-14 08:38

ポインセチア

街もクリスマスカラーに染まろうとしています。
栃木園芸の店内にはこんなにたくさんのポインセチアが並びました。
どうぞご覧にお出かけください。

地方発送も行っております。

c0082054_13593321.jpgc0082054_13563722.jpg
c0082054_1356619.jpg c0082054_13555272.jpg
c0082054_13562248.jpg c0082054_1359156.jpg
c0082054_143951.jpgc0082054_1432728.jpg
[PR]
# by tochien | 2006-11-10 14:06

ポインセチア

c0082054_1457572.jpg

ポインセチア
英名poinsettia
学名 Euphorbia pulcherrima
トウダイグサ科
トウダイグサ属
植物常緑性低木。

葉は薄く、楕円形。花はいわゆる杯状花序である。花びら等は存在しない。その下に着く葉の形の包葉が赤く染まるのが鑑賞の対象となる。

原産は中央アメリカ(特にメキシコ)。ポインセチアという名前の由来はアメリカ合衆国の初代メキシコ公使であったJ・R・ポインセットによる。

日本には明治時代に来た。和名はショウジョウボク(猩々木)。大酒飲みの赤い顔が似ていることから名付けられたという。

観葉植物として、クリスマスの時期にあわせて短日処理をして、紅葉させて緑色の葉色とのコントラストを楽しむ。増やし方は、水を張った容器や、土に挿し木をすれば発根する。(水に挿す場合は、水に挿す前に切り口から出る乳液状の樹液を拭き取っておく。時期により植物の活性が違うので活発な暖かい時期に行う。)園芸品種が近年多様化していて従来の紅色に加えて、乳白色、淡い黄緑、ピンク、斑入りなどのバリエーションが楽しめる。強剪定にも耐える。

一般に鉢植えの植物というイメージが強いが、宮崎県宮崎市堀切峠の沿道には5万本以上植えられており、12月の開花時期には日南海岸の展望と合わせて名所となっている。

                      -Wikipedia-
[PR]
# by tochien | 2006-11-05 15:00

葉ボタン

c0082054_22473514.jpg

葉ボタンはヨーロッパ原産でキャベツの変種です。
葉が紅、紫、白、淡黄などの色で美しく、ボタンの花のように見えるためその名が付きました。
その歴史は古く、江戸時代には渡来したといわれます。
明治中期以降に品種改良がすすみ、様々な品種が生み出されました。
最近ではマイクロ葉ボタンといわれる超小型のものや茎の長いものなどさまざまな楽しみ方ができるものが登場しました。
またおってご紹介いたします。
[PR]
# by tochien | 2006-11-01 22:56

リーガスベコニア

c0082054_22382998.jpg

風通しと、明るさを好みマンションなどでは、手入れ次第で、ほぼ一年中開花を楽しめます。
リーガース・ベゴニアはベゴニアの中でも花が大きく、たくさん咲きますから、豪華な感じがします。
花言葉は「箱入り娘、幸せな思い出」
[PR]
# by tochien | 2006-11-01 22:47

ノースポール

c0082054_22272063.jpg

学名: Leucanthemum paludosum 'North Pole'
    (=Chrysanthemum paludosum)
英名:swamp chrysanthemum
一般名:クリサンセマム・ノースポール
科名:キク科
属名:レウカンテムム属
性状:半耐寒性一年草
原産地:北アフリカ、欧州

マーガレットに似ていますが,草丈も花の大きさも小さめです。
寒い12月頃から初夏まで長く花壇を彩ってくれます。
日当たりの悪い場所で育てると茎がひょろひょろになってしまいますので充分に日光に当てて育てましょう。
花は強健で寒さに強く霜に当たると多少葉が痛んだりしますが枯れることはありません
[PR]
# by tochien | 2006-11-01 22:36